総合雑貨メーカー、株式会社アクセルってどんな会社?強みなども紹介

総合雑貨メーカー、株式会社アクセルってどんな会社?強みなども紹介

◆株式会社アクセルの会社概要は?

株式会社アクセル(AXCEL Co.,Ltd.)は、大阪府大阪市中央区南久宝寺町に本社を置く総合雑貨メーカーです。市場のニーズをキャッチした斬新なアイディアで機能性とデザイン性を兼ね備えた多くのヒット商品を生み出し、個性的でバラエティ豊かな商品をつくり続けています。フィットネス用品・照明ライト・園芸品から便利グッズまで多岐にわたる商品を取り揃えております。従業員数9名。主な取引先は一般小売店、卸業者、ネット販売業者で、取引銀行は紀陽銀行です。
平成19年 10月 (株)アクセルとして設立。主に財布の新商品を企画、開発し卸売。平成22年1月、大阪市南久宝寺町に本社移転し、ショールームをオープン。同時に雑貨の卸売開始。令和3年6月、資本金1,000万円に増資。関連会社に総合雑貨の「株式会社ハック」「お宝発掘マーケット」アウトドア事業「Montagna」があります。

株式会社アクセル – 総合雑貨の「株式会社アクセル」公式サイト

株式会社アクセルのサービス紹介

株式会社アクセルはエクササイズ、キッチン、インテリア、アウトドア、ガーデニング、ホビーなどのジャンルにおいて、市場のニーズを捉えながら、機能性・デザイン性・生産コストなどを考慮し、商品の仕入れやオリジナル商品の開発を行っています。また季節を限定したシーズン商品などは、発売時期や生産数を綿密に計算し、納期をコントロールします。併せて自社製品・オリジナル製品のデザイン・開発、販売促進を行っており、展示会ブースなどの空間デザインを設計するなどあらゆる表現方法で、商品やサービスを広くアプローチする販売促進を図っています。
事業本部では商品の受発注やお客様からのお問い合わせなどに対応し、商品やサービスを広くアプローチする活動を行っています。また各部署と連携し、商品企画や既存製品の改良に携わりながらお客様の声をカタチにする役割を担っています。安定した商品を生産し続けるために、品質をコントロールする仕組みの考案や指導を行い、生産工場や貿易担当者ともコミュニケーションをとり、品質の向上を目指します。

株式会社アクセルの評判について

「ドンキホーテ」や「セカンドストリート」など全国チェーンで並ぶバラエティ雑貨や日用雑貨、エクササイズ用品などの卸売で実績を持ち、オリジナル製品の中には100万個以上売り上げた商品もあるそう。その背景は全国から寄せられる相談に応えて来た成果だとか。常にアンテナを張っている姿勢が伺われる会社です。「ゆでたまご職人」や「ソーラーセンサーライト」などを生み出し、雑貨業界のヒットメーカーとして評判の高い会社です。